2013年5月15日

新発売

SATAハードディスクやSSDをIDEに変換

IDE消滅の危機を救う「スゴイアダプタSATA」に
業務用組込み機器で培ったノイズ対策技術を投入した新バージョンを発売

世界最薄、IDE互換レイアウト、安全設計、高信頼性のSATA-IDE変換

 

株式会社システムトークス(東京都中央区 社長 板坂 太郎)は、ハードディスクの新規格であるSATAを旧規格のIDEに変換するアダプタ「SUGOI ADAPTER VH」に、苛酷な環境で使用される業務用組込み機器で採用された経験により培ったノイズ対策技術を投入した新バージョン(Rev.3)を6月中旬より新発売します。従来バージョンより大幅な設計変更をおこない、ノイズが多い過酷な使用環境においての安定性が格段に向上しています。

ケーブルセレクト(CS)モード対応、 発火性部品の非採用、より厳しい静電対策、ノイズ対策により安定性を追及した基板設計。
従来からの、世界最薄、UL基準の安全性、環境対応なども継承しています。

ハードディスク(HDD)は、パソコンをはじめカラオケ機器、ビデオレコーダー、ATMなど、あらゆる機器に使用されています。
IDE HDDの生産が終了したため、これらの機器(組込機器)のメンテナンスが不可能となり、ユーザーは機器の使用停止か、機器の買い換えを迫られています。
しかしパソコンと違い組込機器の価格は高く、数百万から数千万もします。使用台数によっては、ユーザーは数億の負担になる恐れもあります。

これを救うのがSATA-IDE変換アダプタであるスゴイアダプタです。
スゴイアダプタはSATAのハードディスクに取り付けるだけで、IDEのハードディスクとして使用することができます。

HDD以外でも、SSD、DVD/CDドライブでも使用できます。

 

[主な特徴]

インストールや設定などは一切不要で、SATAハードディスクに取り付けるだけで、IDEハードディスクになります。
IDEハードディスクと全く同様に、マスター、スレーブ、ケーブルセレクト(CS)の各動作モードに対応しています。 世界初!CS対応!!
 
コネクタの位置がIDEハードディスクとほぼ完全に同じなので、確実に取付可能です。
他社のようにケーブルが届かなくなったり裏返しになったりしません。
世界最薄の14.6mmという驚異の薄さで、あらゆる機器に取り付け可能です。
信号と電源の両方を変換できる一体型です。
無鉛、RoHSをはじめ、あらゆる環境有害物質を排除しています。
タンタルコンデンサ、電解コンデンサの不使用、難燃性材料の使用など、徹底した安全設計をしています。
SATA、SATA2、SATA3いずれのハードディスクにも取付可能です。
パソコンだけでなく、ビデオレコーダーなど様々な機器で使用可能です。
11年間のノウハウと実績と信頼を詰め込んだ、完全自社設計の自信作です。

 

型番

リビジョン

発売日

価格

SATA-TR150VH

Rev.3

2013年6月中旬

オープン(市場予想価格:2,780円)

■主な仕様

対応パソコン: 一般のIDEポートを搭載したパソコンなど
対応ドライブ: SATA/SATA-2/SATA-3 接続のHDDやSSDDVDドライブなど
対応OS: 制限はありません。
サポート規格: ドライブ側:SATA/SATA-2/SATA-3
インターフェイス側:Ultra ATA133/100/66/33
マスター/スレイブ/CS切替設定可能

 


SATA-IDE変換アダプタとは

従来標準規格のIDE(PATA)ハードディスク規格とSATAハードディスク規格を変換するものです。

IDE(PATA) SATA

コネクタ形状が全く異なることに加え、信号伝送方式も全く異なります。
変換アダプタは、異なる形状と信号を変換して通信できるようにするものです。

 


問合せ先

プレス関係様 株式会社システムトークス
TEL:03-3639-0167 E-mail :
press@system-talks.co.jp
 
ユーザー様 株式会社システムトークス ビジネス営業部
E-mail : ここをクリック